カテゴリ:思うこと( 5 )
気になる日本語
時代により、その時に流行る言葉ってあります。
自然になくなるので、気にしなくてもいいのかも知れませんが、ある雑誌に「気になる日本語」(タイトルはたしか違ったけど)をテーマにした記事が連載されています。(あまり良くない言葉を取り上げています)最近見たのは「○○なんだけど」と言って止めてしまう言葉。その先の意味が曖昧でいい日本語じゃないよねと。「だから何!!」と言いたくなる言葉。

う~ん、確かに息子も娘も私も最近使っているわ・・・。

で、子供たちに「この言葉ってちょっとおかしいし、気になると思わない?だから、気をつけて使わないようにしよう!!」と提案しました。
すると・・・

「あのさ~○○なんだけど・・・なぁ~」とか、「○○なんだ・・け・・・と思うよ!」とかぎこちなくなって、でもお互いに言ってしまったら「なんだけど?で?」と言うので、また考えて言い直したりしています。(私も言ってしまうので、こどもも面白がって注意してくれます)

息子が「も~この言葉、すごく気になって耳障りなんだけど・・・」「なんだけど??」
「も~すごく気になって耳障りです!!気にしないでしゃべりたいよ~」なんて言い合いながら正しい日本語勉強中です(笑)
正しい綺麗な日本語をしゃべれるようになりましょう!!
[PR]
by nossamama | 2007-10-17 23:38 | 思うこと
B型人間の食卓
よく、「血液型は?」と聞かれて「Bです」と言うと、とても変人扱いされます。
B型って自己中で凝り性で、興味のないことには無感心でマイペース。
まったくそのとおりです。
さらに、最近、人の話を聞いている振りして聞いていないということに気がつきました。。

実は我が家全員B型の強烈な家族。B型以外の友達が「B型の人が集まると会話がめちゃくちゃで、それぞれが全然関係ないことをポンポン言っていて会話になってないのでびっくりした。」と言っていました。へーそうなんだ。と思ってうちで食卓での会話を注意深く観察すると・・・。

彼女の言ったとおりでびっくり。
B型の人は人の話を聞きながら(実際はあまり聞いていない)自分が話したいことだけ頭にあって、人の話を聞いていないんです。相槌も適当だったりします。で、相手が話し終わると、まったく別の話題の自分の言いたいことをしゃべる。それが終わると、別の人が自分の言いたいことをしゃべる。
これは会話になってないかも・・・。
今までそれに気がつかなかったのも、きっとB型のせいでしょう。
自己中で、興味のないことには無関心でマイペース・・・。会話になってなくても自己中なので、気にならないんですよね。きっと。

先日の「オーラの泉」で山田邦子さんが同じようなことを指摘されていました。人の話を聞いていないって。もしかして、B型かも・・・って思ったらやはりそうでした。

あっそう言えば、パパもローズの手術の日聞いていないって言ってたわ。ちゃんと伝えたのに・・・。
[PR]
by nossamama | 2007-09-25 23:30 | 思うこと
結婚記念日
昨日は15回目の結婚記念日。
職業柄何年この日を一緒に過ごしていないんだろう・・・。
何もないけど、今年はテレビ電話があるから、それで顔を見ながらビールで乾杯でもしようかな。と思ってパパが帰宅するのをずっと待っていました。でも、ちーとも帰ってきません。(パパのパソコンが立ち上がると瞬時に我が家のPCのスカイプマークがオンラインになるので帰宅したかどうかわかります)

う~~~

日本時間で夜中の2時(現地時間前日の22時半)まで待ちました。あ~次の日になちゃったわ~あまりにも遅いので寝ようかと思いましたが、今日は結婚記念日。どうしても今日中に

「15年もぐうたら妻に付き合ってくれてありがとう」

って伝えてから寝たかったので携帯に国際電話しました。インドはIT大国と言われていますが、インターネット回線はつながりが悪く、ブチブチしょっちゅう切れます。今回もそうで帰りが遅かったのではなく帰宅しても繋がらなかったのでパソコンを立ち上げていないだけでした。

結局寝たのは3時でした。おかげで寝不足。記念日のことも忘れていたパパですが、パパ曰くセカチュウ(ほとんどのインド人はB型のためインド人は世界の中心がインドだと思っているそうなので世界の中心はインド!)で愛を叫んだ(?)・・・つぶやいたそうなので許しましょう。
[PR]
by nossamama | 2007-06-28 06:59 | 思うこと
ストーリー・リーダー
c0087175_8124535.jpg
今日の新聞の広告に入っていたものです。
「自動読み聞かせ絵本」驚き!!

「読み聞かせは、お子様の感情を豊かにし、情操教育に最適です。」

これを読み聞かせというのでしょうか・・・。
人が読んで聞かせるのが読み聞かせ。機械が読んでもそれは機械でしかありません。感情もなにもないタダの機械です。どんなに人間の声に近くても機械は機械です。それで子どもの感情が豊かになるのでしょうか・・・。

なんだかとても悲しい気分です。読み聞かせは子育ての中で親子のコミュニケーションをとるとても大切なものだと思っています。
1日10分から20分程度なのに、それを機械に任せてしまうなんてもったいないです。こんなに楽しいことないのに・・・。

子ども達が小さかった頃、毎日寝る前に読み聞かせをしていました。
「今日は何にする?」
「これとこれとこれ~」

小さい頃は短い本ばかりでしたが、一番思い出に残っているのは「ハリーポッター賢者の石」。小学校3年と1年だった子ども達に毎日一章づつ読んで1ヶ月近くかかりました。分からない意味は一つ一つ説明しながらと大変でしたが、毎日続きを楽しみにしてくれていました。面白い場面では一緒になって笑い、怖い場面では怖くて耳をふさぎ泣きながら聞いていた子ども達。次の年からは自分で読み始めました。機械は一緒に笑ったりしてくれません。

機械に読み聞かせてもらった子ども達は大人になったら、また機械に任せて読み聞かせをするのでしょう。だってそうやって育ったのですから・・・。
[PR]
by nossamama | 2007-06-05 08:44 | 思うこと
同じ子を持つ親として・・・
今朝、タレントの風見しんごさんのお嬢さんが交通事故にあい、亡くなったというニュースを知りました。お嬢さんは小学校5年生でうちの娘と同じ学年です。同じ世代の子どもをもつ親としてとても辛いニュースです。

風見しんごさんや娘さんと直接知り合いというわけではありませんが、昔からTVでいつも明るく活躍されているのを拝見していたので、、身近に感じていたのです。悲しみに沈んでいる彼の姿を想像してしまい涙がこぼれてしまいました。風見夫妻のお気持ちを考えると本当にせつなくなります。

息子が通う学校も、最寄の駅から学校までとても狭い歩道を歩いていきますが、わが校の生徒ではありませんが去年その道路で歩道を歩いていたにもかかわらずトラックのミラーに引っ掛けられてひき逃げされるという事故がありました。ひかれた方は後日亡くなられて、運転手は逮捕されたそうです。

毎日子どもを送り出す時、事故に会わないように、無事に帰ってきますようにと思うことがよくあります。夕方元気に「ただいま」と帰ってきた時、遠く離れたインドではパパが無事に家に帰りパソコンをいじっているのを確認できた時、「良かった」とホッとします。みんなが健康で元気にいられることが一番幸せなんですね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by nossamama | 2007-01-17 17:26 | 思うこと