実家の犬
実家に17歳ぐらいになるジューンという老犬がいます。その犬はもうヨボヨボで目も見えず、耳も聞こえないのですが、病気もすることなく歳をとっています。その犬を病院に預けて、今週、実家の両親は楽しみにしていた旅行に行っています。
実は出発する一週間前に母方の祖母が危篤状態になり、「一週間が山です」と言われ旅行をキャンセルしなくてはならないかもしれないといっていたのですが、奇跡的な回復をして両親は無事出かけていきました。
そして、今朝おばから「無事退院して元気よ」と連絡をもらい胸をなでおろしていました。

すると、午後になって動物病院から連絡が・・・・
ジューンの体調が急に悪くなりかなり危険な状態と。体力もなく手術もできない・・・。
そして、数時間後呼吸停止、心臓停止・・・・

犬だけど、病院は人間と同じように最善を尽くして蘇生処置をしてくれます。そして両親が旅行中で連絡が取れないので誰か面会に来て欲しいと・・・。ほとんど一緒に住んでいない私が行ってもしかたがないと思い、弟に頼みました。

でも、間に合いませんでした。c0087175_23252832.jpg
ふと、「動物は愛する人の為に身代わりになることがある」と言うのを思い出しました。もしかしたら、両親の為に、おばあちゃんに命をあげて逝ったのでしょうか・・・。母たちが旅行に無事いけるように・・・。そう思ったら、すごく悲しくなってしまいました。

そして、父が数ヶ月前「(歳をとってヨボヨボなので)死ぬ前にジューンの絵を描いてくれないかなぁ~」と言っていたことを思い出しました。真剣に聞いてなくてごめんなさい。
今度、絵にできるような写真探しておいてね。
[PR]
by nossamama | 2007-09-20 21:48 |
<< かみ合っているようなかみ合って... 何ご飯? >>