元気に笑って
羽田健太郎さんの訃報にただただびっくり。だって、まだ若いじゃないですか!
そして先日の鈴木ヒロミツさんも・・・。

本屋さんで鈴木さんががんを発病してから書き残した本「余命3ヶ月のラブレター」をちらっと立ち読みしましたが、2ページも読むことができず、閉じてしまいました。余命3ヶ月と言われて「3ヶ月も与えてくれてありがとう」と感謝したそうです。突然事故でなくなる人も大勢いるなかで、3ヶ月も命を与えられたんですよと。この時点で涙があふれそうでした。機会があったら、家でじっくりと読みたいです。
この先、自分の生きる時間はどれくらいあるのだろう。
わからないから不安になりますが、後悔しないよう元気に笑って精一杯生きたいですね。

羽田健太郎さんは私の理想の「ピアノが弾けるお父さん」。おしゃべりも上手なので大好きでした。お二人のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by nossamama | 2007-06-04 00:30
<< ストーリー・リーダー 病院きらーい >>