百人一首
息子の冬休みの宿題、たっぷりと出ていましたが、その中で百人一首を覚えるというのがありました。学校で百人一首大会を行うのでしょう。
100首全部覚えるのかと思ったら、そうではなく25だけ。4人1組になって分担して覚えて対戦するんだそうです。あーなるほど、100首覚えるのたいへんだからそのほうがいいわねって思ったらそこにはもっとなるほどと思うルールがありました。

25づつ覚えたら、それは自分しかとることができないんです。だから、同じチームのほかの子がもしわからなくて取れない時、それを自分が知っているものでも自分のパートじゃないので取っちゃいけないんですって。
へー面白いねというと息子曰く、
「そうなんだよ~。責任重大だし、覚えない人には覚えさせるようにしないといけないんだ」

つまり、チームが勝つためには自分の力だけでは勝てません。お互い協力しあって、ダメなところは教育していかないといけないんですって。チームスポーツでも同じことが言えますが、こんなところでもそういうことが学べるんだとちょっと感心。息子のチームは勝ち進むことができるでしょうか・・・。
[PR]
by nossamama | 2007-01-17 09:20 | 子ども
<< 同じ子を持つ親として・・・ インド版カルトナージュ >>